障害者の方が住んでいるグループホームの夜勤のバイトをしていました。大学の紹介でした。
夜は入居者さんは皆んな寝てしまうので、洗濯やトイレ掃除、定時のお部屋巡回をしたら、あとは夜勤部屋で翌朝まで自由でした。

お風呂や食事の支援は夜勤者が来る前、日勤者が行う業務なのでほとんどメインの仕事は終わっているのです。
楽しかったことは、時々眠れない入居者さんが夜勤部屋まで訪ねてきて、お話ししたことです。
夜勤中に具合が悪い人がいたら、すぐ救急車を呼ぶように上司から言われていましたし、そんなに困ることはありませんでした。救急車を呼ぶような事態も経験しませんでした。

大変だったことは、グループホームは1年中、休みなしで営業しているので、年末年始やお盆も誰かが出勤しないといけないことです。
ほかのバイト仲間と相談して、誰が出勤するか話し合いました。
もちろん、なるべく皆んな休みたい気持ちはあるので、お互い気を使いながらシフトを決めるのが大変でした。